スーツケース(キャリーケース)を預けるときは鍵を外すこと

旅行など手荷物が多いときに活躍するキャリーケース。

私はその経験がほとんどの人に使われてきたと思います。

最近、キーには多くの種類がありますが、キーに関連する問題が増えています。

今回は、そのようなキャリーケースの鍵、緊急時の対処方法などについて紹介します。

重要なパッケージを取り出せないうちに確認しましょう。

キャリーケースキーの基本知識

キャリーケースのキーの種類もあります。

使用されるキャリーケースの種類はそれぞれ異なります。

私はシリンダーロックが最近よく見られると思う。

このロックは、フレームタイプのキャリーケースでよく使用されるタイプです。

キャリーケースの鍵でも比較的高いセキュリティが高いと言われています。

ダイヤルロックとパドロックタイプは、ファスナータイプのものによく使用されます。

キャリーケースをロックする国はどの国ですか?

私はセキュリティ面などを意識してキャリーケースのキーを適用する人が多いと思いますが、アメリカに旅行する際にキャリーケースを米国にロックできないことをご存じですか?

その理由は、テロに対抗するために荷物の検査が行われるからです。

もちろん、X線などで疑わしい点がある場合は視覚検査となりますが、それ以外には固定数で視覚的に検査する方針があります。

その結果、預けられたキャリングケースがロックされている場合、最悪の場合に航空会社のスタッフがキャリーケースを壊す可能性があります。

また、アメリカ運輸安全局が認可した特別な鍵であれば、キャリングケースをロックすることも許可されていました。

しかし、近年、時にはTSAロックを乗算しないように指示されているようです。

米国にお越しの場合は、荷物をお預かりする際にチェックインカウンターに一度ご確認ください。

キャリーケースやキーの品質は重要ですか?

最近のキャリーケースのほとんどにキーがありますが、キャリーケースが実際にロックされていることが重要ですか?

キャリーケースのキーを使うメリットとして最初に考えられるのは、セキュリティー防止です。

それが日本にあるならば、確かに犯罪防止の機能も果たすでしょう。

しかし、海外の場合は、あなたが盗むときに鍵を壊す妥協はありません。

また、私は持ち運びに十分な持ち運びがあります。

この点を考慮すると、盗難対策としてキャリーケースに良質のキーを置いてもそれほど意味がないかもしれない。

次に、使用されるキャリーケースのキーは何ですか?

荷物の飛散を防ぐことです。

場所によっては、海外空港でのキャリーケースの取り扱いが日本に比べてあまり良くありません。

飛行機から戻ってきたキャリーケースに傷がついた経験がある人がいるのだろうかと思います。そのような場合、持ち運び用ケースのキーは効果的な手段であり得る。

ロックすることができない場合は、ゴム製の紐で開けるのを止めるバンドの使用を検討してください。

どのように犯罪防止を受けることができますか?

キャリーケースを犯す方法

では、キャリーケースの内容をどのように保護しますか?

キャリーケースのキーだけでなく、ワイヤーロックなどにも頼る方法の1つです

あなたが南京錠でそれを使用する場合は、さらにセキュリティを強化します。

ただし、ワイヤーロックは安価であれば簡単に切断されるため、ある程度高価なものを選択してください。

また、一般的に使用されているもの、ある程度は使用されているもの、明瞭な色では目立たないものを選択すると便利な方法かもしれません。

前提と同じように、キャリーケースに貴重品を置かないようにするのが最善です。

あなたがロックされていても、持ち運びが困難な場合がありますので、盗難に悩まされているパスポート、クレジットカード、現金などの物を持ち歩いて持ち運んでください。

キャリーケースの鍵はありません!

それぞれのケースを交換する必要がありますか?

キャリーケースのキーは、他のキーと比較してしばしば非常に小さい。

あなたが正しく管理しないと、簡単に失われます。

一般的な持ち運びの場合、それは想像よりも簡単に壊れる可能性があるので、内容を取り出すことが難しくないかもしれません。

しかし、それを破壊するために、キャリーケースはもはや使用できません。

つまり、交換する必要があります。

もちろんキャリーケースには気持ちなどがある場合は破壊したくありません。

そのような場合は、キースペシャリストなどに相談する方が良いでしょう。

空港などに修理工場があります。

各種キャリーケースのキータイプに対応していますので、一度ご相談ください。

しかし、スーツケースの寿命は生産から5年と言われています。

一度購入すると、長い間使用している人が多くいますが、長期間保管すると劣化することがあります。

キャリングケースのキーが開かないと、長期間使用すると変形することがあります。

この機会に新しいものを購入する方がよい場合もあります。

まとめ

今まで紹介したように、キャリーケースの鍵は想像以上の信頼性があります。

貴重品などは常に「鍵があるので絶対に安全です」と自信を持って保管しましょう。

加えて、日本と比較して、海外はほとんどが安全ではない。

ホテルにキャリーケースを預けるときにも注意しましょう。

キャリーケースのキーを使用する場合は、宛先でそれを失うことは重大です。

それを忘れないように管理しましょう。

楽しい旅です。

うまくいけば、私は出発から家に帰るまでのトラブルを費やすことができます。

関連記事

ページの先頭へ